人形と硬貨

信頼のある賃貸管理会社を選ぶための情報サイト

  1. ホーム
  2. 副業で不動産投資

副業で不動産投資

集合住宅

不動産の管理

金利が低くなった影響を受けたことにより、不動産投資を行う人が増えています。不動産投資とは、収益物件となるマンションやアパートなどの不動産を購入し、賃貸に出して家賃収入を得るというものです。投資をする目的としては、節税を行うための対策だけでなく、将来のことを考えた年金対策といったことが挙げられます。将来の年金対策や節税対策など様々です。また、サラリーマンが副業で不動産投資をするケースも多く、その際片手間で賃貸管理をするのは難しいです。その為、不動産の賃貸管理は、不動産会社に委託する人が多いです。サービス内容としては、毎月オーナーが不動産会社に管理料を支払い、家賃の集金や入居者とのやりとりを代行してくれる集金代行といったサービスや、不動産会社がオーナーから物件を借り上げ、第三者に転貸をするサブリースといったサービスがあります。集金代行であれば、入居者が家賃を滞納した際や入居者から急な問い合わせがあっても、不動産会社が対応してくれます。また、サブリースであれば毎月の保証賃料は不動産会社から支払われる為、家賃滞納の心配がなく、サービスによっては空室時も家賃を保証してくれる為、安心して収益を得ることができます。このように、不動産会社に賃貸管理を任せることによって、本業が忙しいサラリーマンや、遠方の物件を購入した人であっても、最低限の手間で不動産の賃貸管理ができ、家賃収入を得ることができます。当然、自主管理をするのに比べて管理料分は収益が下がりますが、手間がかからず不動産を管理できるという点から、不動産会社に賃貸管理を任せる人が多いです。